2018年4月 6日 (金)

夢の中で…

楽しい、懐かしい感じの夢を見たので、ここに留めておこうかなと思い、超久しぶりに投稿です♪

場所は、高校生の頃、クラブの練習場だった"小講堂"。
もう夕方かな、夕陽がさして、部屋は夕焼け色でした。
金管8重奏の練習をしています。
なぜか、全員、銀色の楽器です。
私は指揮者。
顔ぶれは、高校のときの仲間ではなく、私の音楽仲間が色々。
私そっくり…というか私自身?…の銀色のトランペット中学生がいます。
設定は私の息子のよう。(中学生の息子なんて、実際にはいないのにね。)
練習している曲は、"モリタート"という曲。
3拍子。
「ジャズでは"マックザナイフ"で有名」と、私がうん蓄を述べる。
メンバーに、「今日はいい音してるねー」とか、声をかけながら指揮していく。
心地よい3拍子が続く。
ふと気付くと、銀色のチューバを吹いている彼だ。
いつものとおり、いい笑顔で、3拍子を伴奏している。
いいテンポの低音にこちらも笑顔で応える。
急に、全員の演奏が止まる!?
スコアに目を凝らすと、"全員、鳥の鳴き声のまねをしろ"との指示。
さて、金管楽器で鳥の鳴き声?
何より、アレンジャーのスゴイ発想に驚く。
チューバの彼が得意だという。
なにやら、ピロピロはじめる。
私も、「実は、かなり得意で、普段からやってるんだよっ!」といって、脇にあった銀色のコルネットを口に当てて、ピヨピヨやってみせた。
銀色のトランペットの中学生が笑い転げている。
ケラケラ・・・。
私も大笑い。
ケラケラ・・・。
***
自分の笑い声で、目が覚めた。
本当に笑っていたようだ。
時計は3時をまわったところ。
左手が熱くなっていた。
コルネットのバルブケースを、グッと握りしめていた手である。
何だか楽しくて、そのあともあまり眠れなかったようだ。
さきほど、犬が起こしに来た。
庭に出せというので、庭に出してやった。
時計は4時前。
庭から隣の家が見える。
もう灯りがついていて、活動しているようだった。
この家の夫婦は5時前には散歩に出るのが日課なので、この時間には起きている。
さて、…ここで寝ると、寝坊しそうなので、もう起きることにした。
今日の夜は、ビッグバンドの練習なので、楽譜の整理やら準備をすることにした。
音楽…楽器って楽しい。
仲間とやる音楽は楽しい。
現実ではないが、息子や家族と音楽するのも楽しい(だろう)。
音楽や楽器に出会えたことに、素直に感謝している。
そんな夢でした。

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

HARRY JAMES & HIS BIG BAND

HARRY JAMES & HIS BIG BAND
ビックバンドの名曲をハリージェームスが演奏しています。ハリージェームスらしいスイングがとても好きです。“Don't Be That Way”はとくに気にいってます!

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

‘QUIET NIGHTS AND QUIET STARS(CORCOVADO)’

Sh3k07830001_2
今日はボサノバ。

ANTONIO CARLOS JOBIM「THE COMPOSER OF DE SAFINADO,PLAYS」

HARRY ALLEN「RECADO BOSSA NOVA」

OLIVIA「a girl meets bossanova」

今度、自分のバンドで‘QUIET NIGHTS AND QUIET STARS’(‘CORCOVADO’)をやろうかと思い、どんな曲か研究をかねて聴いてみました。
とても美しい曲です。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

THE BLUSE BROTHERS BAND「THE BLUSE BROTHERS」

THE BLUSE BROTHERS BAND「THE BLUSE BROTHERS」
今日は朝から「BLUSE BROTHERS」を聴いてみた。
大好きなバンドだ。
昨日、ビックバンドの練習で「ピーターガン」をやってから、頭の中で、あのベースパターンが鳴り続いていたからである。
とにかく、音楽の楽しさを、クオリティーの高い演奏で伝えてくれる。
最高です!!

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

HARRY ALLEN 「RECADO BOSSA NOVA」

HARRY ALLEN 「RECADO BOSSA NOVA」
連休中日。
20代の頃は間違いなくスキーをやっていたところだ。
夏モノのイメージがあるが、暖かい冬の日差しに当たりつつボサノバを聴いてみた。
テナーサックスの音色がよい。
アドリブもとても自然に入ってくる。
ギター(JOE BECK)もとても心地よい。
午後は久しぶりにギターを出してみようかな?という気分。
暖かな冬の休日は、ボサノバもよい。

| | コメント (0)

2012年6月17日 (日)

GLENN MILLER 「Moonlight Serenade」

GLENN MILLER 「Moonlight Serenade」
ラリー・オブライエン指揮のグレン・ミラー楽団。アンサンブルがきれいで、心地よく聴くことができます。気にいっている一枚。

| | コメント (0)

2012年6月10日 (日)

DUKE ELLINGTON 「MARY POPPINS」

DUKE ELLINGTON 「MARY POPPINS」
デュークエリントン楽団が演奏するディズニーの音楽。メアリーポピンズの音楽。終始、楽しさがわきあがってきます。

| | コメント (0)

2012年6月 3日 (日)

DUKE ELLINGTON 「ELLINGTON 65」

DUKE ELLINGTON 「ELLINGTON 65」
当時(1965)のヒット曲でしょうか。アレンジもの中心です。ハロードリー、思い出のサンフランシスコなど楽しい演奏が聴けます。

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

PHIL KELLY 「BALLET OF THE BOUNCING BEAGLES」

PHIL KELLY 「BALLET OF THE BOUNCING BEAGLES」
フィル ケリー & ザ ノースウエスト プリベイリング ウインズのCD。全てフィル ケリーのオリジナル曲。色々な曲があって、楽しいです。フリューゲルホーン、フルート、打楽器が効果的に使われていて、きれいなアレンジです。演奏もいいアンサンブルです。

| | コメント (0)

DUKE ELLINGTON & COUNT BASIE 「FIRST TIME!」

DUKE ELLINGTON & COUNT BASIE 「FIRST TIME!」
エリントン楽団とベイシー楽団による夢の共演。右のスピーカーからエリントン、左のスピーカーからベイシーという、迫力と豪快さはとても楽しいです。曲もA列車で行こう、あなたに逢うまで(コーナーポケット)など両楽団のレパートリーを選んでいます。

| | コメント (0)

«SAMMY NESTICO 「On the Sammy Side of the Street」